徳山医師会病院について

歴代院長特別寄稿文

  1. 博愛病院時代
    初代病院長 梅原亨
  2. 医師会病院創立前後
    第三代病院長 千治松弥太郎
  3. 新病棟増築前後
    第四代病院長 奥田秋夫
  4. 10年の歩み
    第七代病院長 光永徹

沿革

昭和26年11月26日 徳山市御弓町において「オープンシステム」病院を開設する
一般69床 結核16床 計85床
昭和26年6月1日 徳山市慶万町の山口県徳山簡易診療所を譲り受け、病院施設を拡充する
結核26床
昭和27年12月1日 学校徳山准看護婦養成所を併設する
昭和31年10月1日 医療法人(財団)徳山博愛会を設立。徳山博愛病院の運営性格を組織する
昭和38年10月1日 徳山医師会検査センターを開設する
昭和39年5月8日 「オープンシステム」総合病院を認可される
昭和41年3月31日 医療法人徳山博愛会を発展的に解散する
昭和41年4月1日 病院業務一切を一般社団法人徳山医師会が引き継ぎ、徳山医師会病院として開院する
一般125床 結核55床 分病30床 計210床
昭和45年3月28日 労災委託病棟(50床)新築工事竣工
昭和49年1月27日 学校医師会館及び看護学校新築工事竣工
昭和57年1月10日 北館病棟等増築工事竣工
昭和62年9月1日 5階病棟模様替え工事竣工。全床一般病棟にする
一般病棟(特I類)391床
昭和63年9月10日 福祉部門徳山医師会病院在宅療養部発足
平成2年6月25日 CT導入
平成2年8月9日 地域医療連携施設に指定される
平成3年7月1日 MRI導入
平成4年11月1日 福祉部門在宅療養部より徳山医師会老人訪問看護ステーションへ移行
平成5年3月1日 福祉部門在宅介護支援センター徳山市より受託ホームヘルプサービス事業開始
平成7年5月1日 福祉部門徳山医師会訪問看護ステーションへ変更
平成8年8月31日 手術室等棟増築工事及び本館改修工事竣工
一般7病棟391床
平成10年4月1日 福祉部門訪問看護ステーション「しんなんよう」開設
平成10年4月21日 福祉部門中央西部老人デイサービスセンター徳山市より委託
平成12年4月1日 西館病棟等増築工事 療養病棟3病棟 150床
本館4病棟 241床
学校徳山看護専門学校(全日制)開校
福祉部門各事業所に居宅介護支援事業所を併設
平成12年12月1日 福祉部門徳山医師会訪問看護ステーション出張所「かの・うらら」開設
平成13年12月3日 「地域医療支援病院」の称号を得る(山口県知事)
平成14年4月24日 名称を「地域医療支援病院 オープンシステム 徳山医師会病院」に変更
平成15年7月1日 福祉部門訪問看護ステーションしんなんよう出張所「ふくがわ・うらら」開設
平成15年8月7日 圏域レベルのリハビリテーションの中核的機能を有する機関として指定される
平成15年9月1日 回復期リハビリテーション病棟施設基準取得
平成15年12月1日 歯科診療室設置(徳山歯科医師会との連携)
平成17年6月1日 総合リハビリテーション施設基準取得
平成18年4月1日 福祉部門地域包括支援センター周南市より受託(在宅介護支援センター廃止)
平成18年5月29日 医療機能評価認定取得
平成18年7月1日 障害者施設等入院料施設基準取得
一般病床291床 療養病床100床
平成20年2月1日 院内保育園開園
平成25年5月1日 新棟へ移転
一般病床 230床 療養病床 100床
RI導入
社団法人徳山医師会が一般社団法人徳山医師会へ移行
平成26年8月1日 地域包括ケア病棟取得
平成28年5月29日 医療機能評価認定取得3rd G:Ver.1.1
平成29年3月31日 中央西部老人デイサービスセンター寿まいる閉鎖
平成29年5月1日 定期巡回型訪問看護介護歩れんど開設