徳山医師会病院について

病院長あいさつ

病院長 森松 光紀

当院は戦後間もない頃に地域の開業医が焼け残った医療器具や薬剤を持ち寄って、地域住民 のための診療を始めたのがきっかけとなり、その後幾多の議論と困難を乗り越えて昭和41年に日 本では唯一の完全オープンシステム運営の病院として開院しました。これは開業医が自院で診療 中の患者さんの病態が悪化したときには自らが主治医となって入院させるシステムの病院です。

歴代の医師会長、病院長、登録医、病院スタッフは必要とされる診療内容の変化に柔軟に対応 し努力してきました。その功績により地域住民から愛され、地域になくてはならない病院として成長 をとげることができ、2001年には地域医療支援病院の指定を受け、2006年には医療機能評価 の認定を受けております。

しかしながら最近では少子高齢化により増え続ける医療費と介護費用を抑制するために、国は 過剰病床を削減して地域に於ける適切な医療体制を再編成しようとしております。今後は病院の 役割分担と利用者のニーズに応じた適切な地域医療が求められております。

昨年発足した「周南ケアねっと」は大病院と開業医との間で医療・介護情報を連携させる目的で結成されました。皆様の御協力により、緊急時や入院時の迅速な判断に役立って、地域の医療の効率化が進む事を願っております。この周南地区は病院勤務医と開 業医の連携がとても円滑に行われており、「かかりつけ医」が診察したあとで、直接入院させる病院があることは地域住民にとっては大変心強いことです。高齢化と核家族化が進むなかで独居老人や認知症ケアの問題に対しても当院の発足当時の理念を今一度思い起こし、信頼される「かかりつけ医」、安心して入院できる病院を目標としてスタッフ一同で頑張りたいと思っておりますので皆様の御協力を宜しくお願い致します。

  • 病院長山本 憲男