部門紹介

特定保健指導

特定保健指導とは?

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防の考え方を取り入れた特定健康診査の結果から、そのリスクに応じて情報提供動機付け支援積極的支援の3段階に階層化し、保健指導を実施します

 

特定保健指導対象者の選定方法

STEP 1 肥満リスクを判定

(1)
腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上
A
(2)
(1)に該当せず、BMIが25以上
B
(3)
(1)・(2)いずれにも該当しない
情報提供

 

STEP 2 メタボリックシンドロームの追加リスクをカウント

① 血糖

空腹時血糖      100mg/dl以上 または
HbA1c          5.6%以上
(※空腹時血糖優先)
 
 
 
①~④の
リスク該当数
 
 
    個
 
② 脂質
中性脂肪       150mg/dl以上 または
HDLコレステロール   40mg/dl未満
③ 血圧
収縮期(最大)    130mmHg以上 または
拡張期(最小)     85mmHg以上
④ 喫煙歴あり
①~③で1つ以上該当する場合のみカウント

※血糖・脂質・血圧のうち一つでも服薬中の方は、特定保健指導対象外となります。

 

STEP 1
肥満リスク
STEP 2
追加リスク数
支援内容
40~64歳の方
65~74歳の方

A

2個以上該当
積極的支援
動機付け支援
1個該当
動機付け支援
該当なし
情報提供

B

3個以上該当
積極的支援
動機付け支援
1~2個該当
動機付け支援
該当なし
情報提供

情報提供:現在の身体状況を認識し、生活習慣を見直すきっかけとなるように健診結果に合わせて基本的な情報提供を行うことです。特定健康診査を受診された方すべてが対象となります。

動機付け支援:対象者が健康状態を自覚し、生活習慣の改善に係る自主的な取り組みを引き出すための動機付けを行う支援のことです。メタボリックシンドロームのリスクが少なく、予備軍の方が対象です。

積極的支援:動機付け支援同様に、対象者が主体的に生活習慣の改善への取り組みを継続出来るよう、さらに定期的・継続的な支援を行うことです。メタボリックシンドロームのリスクが多く、生活習慣病を引き起こす危険性が高い方が対象です。

 

予約・お問い合わせ

当院では予約制で特定保健指導を行っております。また、健診当日の初回面接実施にも対応しております。詳細はお問い合わせください。

月~土曜日(祝日を除く)
受付時間 9:00~16:00
TEL 0834-32-5057

保健指導基準